【50%OFF】ジャニーズ解禁 電書一覧

死役所 試し読みebookjapan!原作漫画の各巻(各話)のあらすじ

さち

こんにちわ、ジャニヲタ主婦のさち(@sachi_696969)です✨

 

いよいよ明日、話題の原作漫画の実写ドラマ「死役所」が放送開始になります。

 

一部地域では放送されないので、自分の住んでる場所で見れるかどうかはこの記事でチェックしてね(‘ω’)ノ

【テレ東深夜】「死役所」実写ドラマ化!原作漫画が無料で読めるアプリは?放送地域(放送地区・放送局)はどこ?放送はいつから?キャスト一覧!見逃し動画配信はhulu? ドラマ 死役所 関西で見れない!滋賀県、兵庫県、京都は? 放送地域(放送地区・放送局)!見逃し動画配信はhulu?原作漫画が無料で読めるアプリ【実写ドラマ】

 

物語のあらすじと、第1話のストーリーはこちらをチェック(*’ω’*)

少年忍者の織山尚大くんも死役所に訪れる仏様として登場しますよ(*ノωノ)

【テレ東】実写ドラマ「死役所」に織山尚大が出演?役名は?何話に出る?見逃し動画配信! 実写ドラマ「死役所」 鹿野役の誰?織山尚大のグループや入所日!兄弟や中学・高校!年齢・誕生日!兄弟は?

 

原作の漫画はきゃりーぱみゅぱみゅちゃんや広瀬アリス・すず姉妹も死役所のファンであることを公言しており、累計300万部を超える大ヒット!

\無料で第1巻が読めます/

 

この記事ではドラマで描かれるかわかりませんが、死役所の各話のあらすじを書こうと思います(*’ω’*)
(漫画の中の話がドラマで描かれるのがいくつかあります)

心が抉られるような物語から、生死を考えさせられるような物語までたくさんのエピソードがあるので、多くの人にオススメしたい漫画です。

スポンサードリンク

死役所 試し読みebookjapan!原作漫画の各巻(各話)のあらすじ

死役所 第1巻のあらすじ

 

第1巻はebookjapanでが無料で読めるので、割愛します(‘ω’)ノ

\195ページで見ごたえバッチリ/

死役所 第2巻のあらすじ

第6条 腐ったアヒル①
第7条 腐ったアヒル②
第8条 男やもめ
第9条 石間徳治
第10条 初デート

腐ったアヒル

登場人物

塙 保

 

戸川アランという名の作家が原作の「アヒルロード」という漫画の作画を任されていた主人公・塙 保(はなわ たもつ)。

与えられた部屋で与えられた仕事をきちんとこなすも、20年前から「自分で漫画を描きたい」という夢を持っていた。

しかし自損事故でほぼ失明し、漫画家への道が閉ざされてしまう。

 

目が見えなくても「話を作りたい」気持ちからパソコンの練習に励んでいたが、思わぬ事故が保を待ち受けており…

\続きが495円247円で読めます/

 

男やもめ

登場人物

襟川

 

襟川は心筋梗塞が原因で自宅で孤独死をし、死役所を訪れる。

生前は人当りがよくご近所さんからも親しく接してもらえていた妻がいたが、先立たれてしまい襟川は独り身に。

亡くなった妻が病院に入院していた際、ご近所さんたちがお見舞いに来てくれたお礼を妻が出来なかった分自分がしようと考え、襟川は妻がよく作っていた肉まんなどを手作りして配る。

 

当然、妻の作っていたのを近くでみていたし、自分のも美味しいに違いないと思っていた襟川だったが、予想もしない反応をご近所さんたちがし始める。

襟川が孤独死に至った原因とは…?

\続きが495円247円で読めます/

 

石間徳治

登場人物

石間 徳治

 

石間は大工の仕事をしていた。

自分の妻に先立たれ、両親を失った姪っ子のミチを引き取り一緒に暮らしていた。

ある日、所有する畑から物音がし、行ってみると近所の少年が芋を荒らしていたのだった。

心優しいミチは家にあった大根1本を持たせ、もうしないように少年2人を諭し、事なきを得た。

 

また別の日、夜遅くまで仕事でお酒を飲んでいた石間。

家に帰るとミチがいるはずなのに、いないことに気づき、不審に思う。

探している最中にまた畑から物音がし、行ってみると先日の芋泥棒の少年2人がミチを強姦していたのだった。

 

憤慨した石間が取った行動とは…

\続きが495円247円で読めます/

 

現・死役所職員であるイシ間の生前の話が描かれる話です。

2巻の中で一番見どころがあると言えます。

年をとったミチが死役所に訪れる様子も描かれているので、死役所にいる石間とどんな会話を交わしたのか?是非見て欲しいです(‘ω’)ノ

 

初デート

登場人物

伊達夏加

 

中学3年生の伊達夏加は浮かれていた。

なぜかというと、その日は初めての彼氏(智也)との初デートだからだ。

可愛いパンプスを履いて準備万端だが、お互い初めての恋人ということもあり、どこかぎこちない。

 

時間が経つにつれ、慣れないパンプスを履いていたせいか夏加は靴ズレをしてしまう。

急いで絆創膏を買いに行こうとする智也を止め、「手を引っ張ってもらいたい」とお願いするのだが、智也は恥ずかしがり再び絆創膏を買いにその場を動いてしまう。

 

その時、夏加のいた場所にトラックが猛スピードで走ってきて…

\続きが495円247円で読めます/

 

この物語の最後の方で、後に明らかになっていくシ村の過去の描写が初めて描かれます。

夏加の乙女心な気持ちも、女性なら誰でも共感できるエピソードかなと思います。

死役所 第3巻のあらすじ

第11条 カニの生き方①
第12条 カニの生き方②
第13条 カニの生き方③
第14条 前を見て
第15条 成仏しません

カニの生き方

登場人物

佐尾

高関

 

佐尾と高関は「カニすべらく」というお笑いコンビを組んでいた。

しかし中々芽が出ず、思ったように売れない日々が続く。

 

佐尾は最近、下痢が続いていたため「死ぬかも」と言う。

もちろん高関は冗談だと思い本気にしない。

 

しばらく経ち、時は「デッドオアコント」の決勝戦の日。

しかし佐尾は本番前にも関わらず、会場に現れない。

なぜならその時、佐尾は病院のベッドの上にいて…

\デッドオアコントはどうなる?!/

 

「カニすべらく」は死役所オリジナルのコンビですが、実は実在するお笑いコンビをモデルにしているの💡

それが「ザ・ギース」というコンビ。

死役所 試し読みebookjapan!原作漫画の各巻(各話)のあらすじ

 

左の高佐一慈さんは高関に似てますし、右の尾関高文さんは佐尾にそっくり。

ちなみに当たり前ですがザ・ギースのお2人はご健在で現在も活躍されています。

 

漫画内には、阿佐ヶ谷姉妹がモデルになっている「すずらん姉妹」も出てきているので、探してみてね(*^^*)

 

前を見て

登場人物

須藤麻帆

理奈

 

イマドキのどこにでも居そうな主人公・麻帆はスマホに夢中だ。

仲良しグループからWINE(LINE)に誘われ喜ぶが、麻帆の友達・理奈は自分といるときでもスマホを触ってばかりの麻帆が面白くない。

 

ある日、歩道橋を麻帆と理奈は歩いていた。

相変わらずスマホと睨めっこな麻帆を心配した理奈は「危ないからもっと右に寄らないと」と注意をします。

しかし麻帆はそのまま階段から転げ落ち…

\理奈が言った一言が衝撃/

 

途中まで書くと、理奈は「右に寄らないと危ない」と注意したのにそのまま転落。

これがどういう意味かわかりますか…?

「右に寄らないと」は、「左に階段がある」という意味ですよね…?

でも麻帆は右に寄ったら階段から転落しました。

 

このエピソードはちょっとゾクっとしましたね…!

スマホの見過ぎに注意しましょうという警告も兼ねて「前を見て」というタイトルなのだと思われます。

 

成仏しません

登場人物

三樹ミチル

 

「成仏しません」に関しては、こちらの記事で詳しくピックアップして書いたので是非読んでみてください💡

ミチルはドラマ版では全体を通してのキーパーソンです。

死役所 三樹ミチルの死因!何話(何巻)に出てくる?うざい?死因は何?成仏しない理由【黒島結菜】 死役所 三樹ミチルの死因!何話(何巻)に出てくる?うざい?死因は何?成仏しない理由【黒島結菜】

 

死役所 第4巻のあらすじ

第16条 吊るすもの 吊るされる者①
第17条 吊るすもの 吊るされる者②
第18条 墜ちる
第19条 人を殺す理由
第20条 シ村さんの過去

吊るすもの 吊るされる者

登場人物

 

死役所に胃ガンが原因で亡くなった、杉という名の男性がやってくる。

杉は生前、拘置所の刑務官として勤務していたという。

死刑囚の最低限の身の回りの世話をしていた杉には「生まれ持って凶悪な人なんて誰一人いないはずだ」という持論があった。

 

杉の担当の中には、夫婦とその子供を殺めた罪で死刑囚となった「沼尻」という人間がいた。

沼尻に関して杉は特別な感情を抱いており、時々垣間見る優しい一面を知り、「小鳥を買ってみたらどうか」と提案してみる。

しかし上司は「死刑囚に情を持つな」と却下。

 

そして訪れる、沼尻の死刑執行の日。

執行人3名のうちの1人に選ばれた杉は「ありがとう、人間らしゅう扱ってくれて‥」と感謝され…

\沼尻の死刑執行時、杉が思った心境とは?/

 

墜ちる

登場人物

本堂千裕

 

千裕はごくごく普通の主婦で、幼い子供が2人いた。

毎日一生懸命家事に育児にと動いていたが、大学時代の友人・日暮蘭子が千裕の日常をガラッと変えてしまう。

 

ある日、蘭子の自宅で開かれるパーティーに誘われる。

風の知らせで蘭子が社長になったと聞いた千裕はひとまず向かうことに。

そこにはあまりにも非日常でキラキラした世界が広がっていた。

 

そんな千裕のもとに蘭子とその「ペット」である瀬戸がやってきて、千裕に向かって「退屈そう」と声をかける。

そして瀬戸は千裕にキスをする。

呆然とする千裕に、蘭子はく◯りを薦めてきて…

\千裕の衝撃の結末が…!/

 

人を殺す理由

登場人物

坂浦真澄

 

坂浦真澄は亡くなった父親の後を継いで、妻と2人で定食屋を営んでいた。

お腹には2人の子供もいて、幸せ絶頂だった。

 

ある日、1人の男が突然真澄に襲い掛かる。

気が付くと真澄は死役所にいたのだ…。

\真澄が男に襲われた理由とは?/

 

目には目を、歯には歯をっていうんですかね…そんな言葉がぴったりなお話です。

 

シ村さんの過去

登場人物

三樹ミチル

 

49日までカウントダウンが始まったミチルちゃん。

職員らから「早く成仏しないと」とせかされるも、まるで他人事で、それどころか「ここの職員になろうかな」と言い始める。

 

ハヤシは余計なことを口走ってしまい、ミチルはここで働く職員が全員死刑囚であることを知る。

各職員になぜ死刑囚になったのかなどを聞きまわるミチル。

時には資料室へ勝手に出向き、調べ始める始末。

 

そしてシ村の過去を知ったミチルに対して、シ村が言った言葉とは…

\シ村の死刑理由を見る/

 

死役所 第5巻のあらすじ

第21条 林晴也①
第22条 林晴也②
第23条 林晴也③
第24条 命の放送
番外編 ヒーローごっこ

林晴也

登場人物

林晴也

 

死役所で働くハヤシの生前の物語。

晴也は小学生のころ、近くの家に住むおじいちゃんとチャンバラごっこをするのが好きでよく訪れていた。

そこには、幼馴染で仲が良かった「まりあ」の姿も。

 

いつものように、晴也が「おじいちゃんのところへ行く」と言って出かけようとすると、父親は態度を変えてしまう。

その日を境に、晴也は父親と接する機会が極端に減り、ついに喋らなくなってしまった。

 

そして日が過ぎていき、ついにおじいちゃんが帰らぬ人になってしまう。

その時、晴也の父親が「死んだな、お前の親父」と言い出す。

親父は目の前にいるはず…と不思議に思っていた晴也だったが、なんと晴也は死んだおじいさんと実の母親の間に出来た子供だった…。

 

自分の出生の秘密を知り、ショックを受ける晴也。

そんな晴也に寄り添い、支えてくれたまりあ。

 

そんな2人は同じ学校に通うことになるが、晴也は浮いた存在で女子から人気があった。

晴也はまりあにしか興味がなく、他の女子など目に入らない。

そんなまりあを疎ましく思うクラスの女子はまりあをイジメ始める。

 

ある日、まりあはやはり女子らからいじめを受けていたが、晴也がいじめの主犯格を2階から投げ落とす事件を起こす。

幸いその子は無事だったが、晴也は学校を退学になる。

 

やがて晴也とまりあは結婚し、子供を授かる。

大好きだった剣道を子供に教えることで生計を立てていた晴也だったが、ある日まりあから「話がある」と言われ家に帰ると、知らない男性がいたのだった。

その男性は驚くことを口にする…!

\晴也が死刑囚になった理由とは…/

 

ハヤシは複雑な家庭に生まれながらも、まりあや自身の姉に励まされながら頑張って生きようとしていました。

そこでまりあからの裏切りでハヤシはまたも地獄に突き落とされます…。

 

命の放送

登場人物

生野芳聡

 

生野芳聡は生前、ユーチューバーとして活躍していた。

自称「神」だったが、動画の視聴人数はたったの8人。

 

ある日、生野芳聡は肝硬変になってしまうのだが、その日を境に病院内での配信も始めるようになる。

「絶対安静なのに病院をうろついてみた」

「腹水をためこんでみた」

「腹水を抜いてみた」

など、無茶なことをして動画配信を始める。

 

そして生野芳聡の葬式の日、「かすみん」という動画配信者がやってきて…

\結末を見る/

 

死役所 第6巻のあらすじ

第25条 彫刻さん①
第26条 彫刻さん②
第27条 手羽先
第28条 愛する人①
第29条 愛する人②

彫刻さん

登場人物

彫刻さん

 

彫刻さんはホームレスで、日雇いの仕事をしていた。

しかし彫刻さんには特技があって、それが地蔵を掘ること。
(ここから彫刻さんというニックネームが生まれる)

 

ある日、市役所にホームレスの件で苦情が多いとのことで市役所の人間が彫刻さんらの元へ向かう。

その市役所職員の中には、ホームレスの社会復帰へ動かそうとする広本の姿が。

しかし彫刻さんではないホームレスに「帰れ公務員」と言われてしまう。

 

なんとか彼らを全うな生活へ戻すことは出来ないかと考える広本は、不法投棄の多い場所に彫刻さんの作ったお地蔵さんを置いてみたらどうかと考える。

しかし上司はすぐに却下され、ホームレスらにも文句を言われる。

 

台風が近づいていた日、彫刻さんらが身をひそめる河川敷が危ないということを知り、ホームレス御一行は近くの体育館へ避難することに。

しかし自分の作品が気になって、彫刻さんは河川敷へ向かってしまう…

\彫刻さんは、作品はどうなった?/

 

手羽先

登場人物

紗世

誓衣

 

紗世は美人で清楚なOL。

会社内ではもちろんのこと、取引先の男性らからも人気があった。

魅力的な紗世はセクハラを受けており、悩んでいた。

 

そんな紗世には、誓衣(ちかい)という中のいい女友達が別の部署にいた。

お世辞でも綺麗というわけではないが、セクハラをハッキリ止めてと言えない紗世にとっては、言いたいことをなんでも言う誓衣は何でも言える存在であり、頼もしかった。

 

ある日、紗世は誓衣とお昼ご飯を食べていた時に、誓衣が手羽先をいつも食べていることに気が付く。

「好きだからなー」といい、手羽先の骨をポキっと折りながら話す誓衣。

誓衣は紗世の足に手を乗せ、「細くて肌が白くてうらやましい」と言い出す。

 

誓衣はもしかして自分に対して変な気を持っている?!と思った紗世…。

 

別の日、紗世は誓衣に誘われ誓衣の家に遊びに行くことに。

そこでふと目に入った付箋だらけの分厚い本を見つけ、興味本位で開いてしまう。

その瞬間、紗世は誓衣に襲われて帰らぬ人になってしまう。

\誓衣が紗世を襲った理由に鳥肌…!/

 

間違いなく第6巻の目玉ですね!!

このエピソードが一番怖いなぁと個人的には思うほどです。

でもこういうサイコパスってわりといるよね…。

 

愛する人

登場人物

花平妙子

 

生前は息子の和之、夫の繁之と3人で暮らしていた妙子。

ごく平凡な家庭で幸せに暮らしていたが、夫がある日、泊まり込みの仕事に行くと言って家を出てから、帰ってこなくなった。

気になった妙子は繁之の勤める会社に電話をする。

すると、夫は数日に及ぶ有給を取って休んでいるというのだ。

 

繁之から連絡がなく1か月経ったある日、電話が入り、繁之が亡くなったと聞く。

その犯人はなんと、死役所で働くニシ川だった…!!

\ニシ川が繁之を襲った理由は?/

 

「愛する人②」ではシ村の過去もちょこっと描かれています。

 

死役所 第7巻のあらすじ

第30条 加護の会①
第31条 加護の会②
第32条 加護の会③
第33条 気遣い
第34条 新入職員

加護の会

登場人物

寺井修斗

 

普段は総合案内として働いているシ村だが、この日は担当の松シゲが別の仕事にあたっていたため、交通事故死課の窓口に立っていた。

そしてお客様の寺井修斗が訪れる。

 

シ村は修斗を見るなり「加護の会に入会されていましたか」と聞く。

「そうですけど何ですか?」と話す。

続けてシ村は「少々お聞きしたいことが…」と切り出す。

 

修斗は大学4年生で、やりたいこともなくただただ毎日を過ごしていた。

ある日、祖母に誘われ講習会に出向くことに。

祖母は講習会の舞台に立つ男が男前でお気に入り。

しかしその後援会は、「宗◯法人加護の会」の主催したものだった。

 

また別の日、再び講演会に行った修斗は、受付にいた女性話しかけられドキッとする。

始めはうさんくさいと思っていた修斗だったが、もっと話を聞いてみたいと思うようになる。

 

進路を決めているわけでもなく、ただ毎日を過ごしている修斗にとって加護の会は魅力的に映った。

出来のいい弟との違いに劣等感も抱いていて、「こんな自分でも受け止めてくれる」加護の会は暖かかったのだ。

 

ある日、加護の会に入会した修斗を連れ戻すべく、家族が来て修斗を車に乗せるが、一瞬のスキをついて修斗から車を飛び出してしまう…

\修斗はどうなった?/

 

シ村と深く関わりのある加護の会、一体この謎の団体とは…?

 

気遣い

登場人物

日原紺志

 

家族に内緒で喫煙をしている日原。

周囲からはよく気遣いが出来る人がと言われていた。

 

週末、仕事を終え家でくつろぎながら家でたばこを吸っていると、妻と子供からテレビ電話がかかってくる。

日原は単身赴任中だったのだ。

慌てて吸っていたたばこを消し、テレビ電話に出る。

 

すると妻と子供は突然、明日そっちに向かうと言い出す。

いきなり来られたら家中に染み付いたタバコのニオイに家族が気づいてしまう!!

焦った日原は急いで家中に消臭スプレーを吹きかけ、たばこのニオイを消そうとする。

最後にたばこの灰皿を捨てて、これで良し…となるはずが?

\日原の最期まで及ぶ気遣いとは/

 

死役所に来た日原は、自分の家に来る家族までが被害になったのではないかと心配します。

「自分のたばこの不始末のせいで…」と自責の念に駆られる日原ですが、火事の原因は別にありました。

 

新入職員

登場人物

端本

 

死役所で新たに働くことになった、ハシ本の過去のお話。

うっとうしそうな前髪と暗そうな性格であるハシ本は、フシ見という年配職員の席の隣になった。

ハシ本の言動の事あるごとにフシ見はクレームを言う。

 

このクレームがあまりにも多いため、ハシ本はフシ見に襲い掛かってしまう。

\フシ見はどうなった?/

 

死役所 第8巻のあらすじ

第35条 母①
第36条 母②
第37条 愛を買う
第38条 理想の家族
第39条 お気をつけて

登場人物

荻野泉水

 

夫婦で不妊治療に励む荻野泉水。

ある日、バスでマタニティマークを付けた女性が乗ってきた。

泉水は笑顔で女性に席を譲る。

このことに対して旦那は「複雑な気持ちにならないか」と気に掛けるが、そんなことないと元気に答える。

 

ある日、突然生理が始まり前回の治療がうまくいかなかったと肩を落とす泉水。

勤務しているパート先の店の裏でこっそり煙草を吸っている同僚の女性を発見した泉水はたばこを取り上げ、妊婦さんがこんなものを吸ってはダメだと注意をする。

しかし女性は悪びれる様子もなく「泉水さんにはどうせわからない、妊娠したことないんだから」と罵声を浴びせる。

その日、一連の出来事を旦那に話し、旦那さんは泉水に偉かったね、きっと僕たちのところにも来るよと冷静に慰める。

 

そして、泉水らのところにもようやく赤ちゃんが授かるが…!

\泉水ら夫婦を襲った出来事とは?/

 

母体を取るか、赤ちゃんを優先させるか医師から究極の選択を任されるのですが、無事に出産出来ることは当たり前じゃなく、奇跡なんだと気が付かされますね…

余談ですが「コウノドリ」でも似たようなエピソードありましたね。

 

愛を買う

登場人物

築本直太郎

 

築本直太朗という男性が全裸で死役所にやってきた。

直太朗は「ゆな」という風俗嬢にハマっており、かなりの大金を払ってゆなのお店に通っていた。

 

ある日、本番行為を追加でお金を払うからさせてほしいとゆなに迫る。

お店では禁止だからと言っても、直太朗は話を聞かない。

それでも強引に迫る直太朗に対し、ゆながとった行動とは…

\続きを読む/

 

理想の家族

登場人物

尾ヶ崎秀哉

 

小学校に通う秀哉は、仕事で帰りが遅い母親を宿題をしながら待っていた。

ようやく帰ってきたと思ったら、母親の第一声は「ご飯食べた?!」と。

急いで作るけど何がいいのかと聞くと、秀哉は「なんでもいい」と答える。

「なんでもいいが一番困る」と疲れた顔と面倒そうな口調で答える母親…。

秀哉は「お母さんと一緒に食べれるならなんでもいい」という意味で答えたのだ。

 

秀哉の両親は共働きで、父親は育児に関わらず母親に押し付けてばかりいた。

たまには学校の行事に参加するよう父親を説得することで両親は口喧嘩をし、こんな日々が日常的だった。

 

翌朝、目が覚めるとなんだか体の調子が良くない。

学校を休み、母親は仕事へ行く。父親は土曜日で休みだったが、秀哉の心配はそこまでせず、出かけてしまう。

 

父親が出かける前に体温を測ると38度以上あった。

そのことを伝えるか伝えまいか悩む秀哉であったが、言わずに我慢すればきっと褒められるはずだと考え、言わないで父親と別れてしまう。

 

時間が経過するにつれ、秀哉の体温はどんどん上昇し、39度近くまで上がっていた。

父親が帰ったのは夜8時すぎで、何事もなかったかのように秀哉の部屋に向かうと、小刻みに体を震わせ痙攣をおこす秀哉の姿が…!

\ガチで泣いたエピソードです…/

 

秀哉くん両親のような共働きの家庭、多いと思いますがどうかこんな事態は招かないで欲しいと切に願います…

そして死役所のある職員が秀哉くんと「ある行動」に出るので、そちらも見どころです。

 

お気をつけて

登場人物

とある人物

 

ネタバレになるので伏せますが、ある職員が成仏許可申請書を書いていた。

シ村は「以前、ご自身が犯した罪について答えが見つからないとおっしゃっていましたね」と話を切り出し、「答えは出ましたか?」と聞く。

「許しはしない、俺にとって大切なのはあいつらの人生じゃない」と答える。

 

続けてシ村は「だから‥他の人間も自分の人生もどうなってもよいと?」と確認すると「あぁ」と返事をする。

\秀哉と共に成仏した職員は誰?/

 

死役所 第9巻のあらすじ

第40条 託す①
第41条 託す②
第42条 遺すべきもの
第43条 自己判断
第44条 隠しごと

託す

登場人物

甲斐亜生子

 

介護福祉士として勤務していた甲斐。

ある日介護者の世話をしている木村を、別の介護者が呼んでいるから行ってあげてと指示する。

手一杯の木村に仕事を任せたことで、甲斐は分担してほしいと文句を言われてしまう。

 

実は甲斐には認知症の母親がいた。

ショートステイなどに任せたりしていたが、夜中に叫ぶなどで施設に迷惑をかけていた。

怒った甲斐は介護経験のある自分が立派に世話してやる!と意気込み、母親の介護をし始める。

 

最初は仕事でもやってきたようなことが起きても冷静でいられたが、どんどん母親の認知症の症状が悪化していく…

\甲斐の結末は?/

 

遺すべきもの

登場人物

明智磨美

 

明智磨美は乳がんで片方の乳房を切除していた。

明智には澪と言う名の娘がおり、シングルマザーとして育てていたのだ。

 

娘が小学校5年生になる頃、癌が転移し明智は再び病院に入院する事になってしまった。

頼れる身内もおらず、娘を施設に預けることに決める。

 

しかし明智は入院したまま帰らぬ人となってしまう…

\明智の遺した手紙に涙/

 

自己判断

登場人物

上田都築

 

上田都築はサラリーマンとして勤務していた。

都築は今日も仕事のミスを指摘され、落ち込んでいた。

都築は自分は何も出来ないと思っており、ダメ人間だと思っており、消えてしまいたいと願っていた。

 

そして、都築は本当に電車に飛び込んでしまう…

\電車に飛び込んだ都築は?!/

 

上司がもっと早く都築のことを気にかけてくれたら…!と思うような話です。

命を絶つ人は子供でも大人でも年々増加の傾向がありますし、人ごとではないストーリーですね。

 

隠しごと

登場人物

小見温恵

 

小見には34歳で独身の息子がいた。

小見は他人に34歳にもなって未だに独身で、定職に就いていない真実を話すのが嫌で、周囲には「仕事で世界中を飛び回っている」と嘘をつく。

 

死役所に来た小見は、もう見栄を張る必要はないとシ村らに言われ…

\母親がいなくなった息子の今後/

 

死役所 第10巻のあらすじ

第45条 岩清水直樹①
第45条 岩清水直樹②
第45条 ダイエット日記
第45条 しるし
番外編 よりよい社会を目指して

岩清水直樹

登場人物

岩清水直樹

 

現在は死役所で活躍している岩シ水くんの生前のお話。

岩清水は幼い頃から厳格な父親の元で育つ。しかも特殊なルールが多々あり、食事は父親が食べ終えてから食べるなどのよくわからないもの。

他の家庭がどんな様子なのか岩清水は知らず、自分ちのルールを不思議と思ってこなかった。

 

父親はそれだけでなく、岩清水の進路に関してもレールを敷き、進むよう勧める。

父親が決めるものだから、自分では決められなくなっていた。でもそれが普通と思っていた。

 

センター試験を目前に、父親の体に異変が。

なんと末期の癌が見つかる。

そのまま入院した父親にセンター試験がダメだったことと、来年は頑張る旨を伝えると「よく頑張ったな直樹。もういい、好きに生きなさい」と言われる。

 

ある日、「環境を変えてみよう」を本に書かれていたことを思い出し、ネットカフェへ行く。

数時間の時を過ごしたが、やはり落ち着けず帰宅しようとする。

家に近づくと焦げ臭いにおいがした。なんと自宅と自宅周辺が全焼していたのだ。

 

突如として居場所を失った岩清水は仕方なくネットカフェで寝泊まりすることに。

ある日、男性に因縁をつけられその日以降、金を強請られるようになった岩清水。

「いつになったら終わるのか」と悩む岩清水は、受付であるものを借りると…

\岩清水の取った行動とは?/

 

ダイエット日記

登場人物

会田杏

 

杏はイマドキの女子大生。

仲良しのサラちゃんと新しいお店を巡ったり写真を撮ったりしてInstagramなどに投稿していた。

 

ふと、鏡に映る自分を見て「太い」と感じる杏。

サラちゃんは自分と比べてとてもスレンダーで綺麗な体系。

痩せようと思う杏に対し、サラちゃんは「杏はそのままでいい」と説得する
(恐らく本心で)

しかし杏はサラちゃんの投稿より自分のインスタはいいねが少ないことを気にして(自分が太っているからだと思い込む)ダイエットを開始。

記録を付けて、順調に体重を落としていく。

 

ある日、たまにはご褒美にパフェを食べようとサラちゃんと一緒にお店に行く。

帰宅して体重を計ると、パフェの1つで体重が増えていた!

そこで考え付くのが、食べたものを吐く作戦。そうすれば太らないと考える。

 

やがて杏は拒食症に陥り…

\拒食症の恐怖/

 

しるし

登場人物

興梠勲子

 

叔母の勧めでお見合いをした勲子。

相手は弁当屋の長男で、無口な人で見合いの席では一言も喋らず、勲子の顔を1度も見なかった。

しかし2人は結婚に至る。

 

ある日勲子は、義理の妹が夫と話している会話を立ち聞きする。

その内容というのが「まだ子供出来ないの?(勲子の)顔のアザ、子供に伝染るん?」。

勲子には顔半分近くまでに及ぶアザのようなものがあった。

勲子自身をそれを気にしており、ため息をつく。

 

別のある日、いつものように2人で銭湯へ行くと、夫が風呂場で倒れたと聞く。

動子は心配の一心で男風呂へと駆け込むと、そこには倒れた旦那が倒れていて…

\続きを読む/

 

死役所 第11巻のあらすじ

第49条 裁きの先に①
第50条 裁きの先に②
第51条 裁きの先に③
第52条 自責
第53条 ハロー宇宙人

裁きの先に

登場人物

坂東一早

 

高校生の頃、ヤンチャだった一早は仲間とつるみバイクでひったくりをする犯行を繰り返していた。

罪の意識はなく、ゲームのような感覚でやっていたという。

 

ある日、電車の乗り方を教えて欲しいとおじいちゃんにお願いされ、一緒について行くことになった。

向かった場所は裁判所。

おじいちゃんは傍聴するために来たという。

 

裁判を傍聴した一早に心境の変化が現れたのか、仲間からひったくり旅行に行こうと誘われるも「俺はもうやらない」と言い断る。

犯罪は犯した罪が自分の中では軽いものでも、実際の判決は重く、わりに合わないと思ったのである。

 

それ以降、裁判の傍聴に増々興味を持った一早は度々裁判所を訪れるようになり、様々な加害者と被害者の気持ちに触れていく。

やがて一早は結婚し、子供を設ける。

 

とある日、一早は強姦致傷の傍聴に行く。

その裁判は「裁判員裁判」で行われていた。

 

被害者の女性が声を詰まらせながら当時のことを途切れ途切れで話す。

そこで裁判員裁判の中にいたある男性がこう女性に聞く。

「(強姦の際)トイレにはどのように連れ込まれましたか?その時何か言葉は発しましたか?何と言いましたか?何回言いましたか?」と。

続けて「(医大生である被告人を)自分の不注意で潰しちゃうなんてもったいないと思いませんか?」。

 

その男性が言いたいのは「逃げようと思えば逃げれただろう」ということなんでしょうね。

あまりにも勝手な言い分に腹が立つ一早。

 

この裁判員の男性に被害者の女性の気持ちを味あわせてやりたいと考えた一早は…

\結末を見る/

 

自責

登場人物

猪俣

 

猪俣は小学生のころ屋上でふざけて遊んでいた。

転落した際に片足を負傷し生涯不自由になってしまい、松葉杖や電動シニアカーで活発に行動していた。

事故の際、危険性を深刻に捉えず軽口を叩いていたところ、助けようとした教師(清子)に叱責される。

 

ある日、母親から清子に年末の挨拶の品を持って行くように頼まれた猪俣。

清子の自宅につくと、そこには信じられない姿の清子がいて…

\猪俣が見た清子の姿とは?/

 

ハロー宇宙人

登場人物

中島詩

智柚美

 

姉ばかり可愛がることに疎外感を感じていた詩、母親とその彼氏から虐待を受けて絶望していた智柚美は境遇が似ていたことから仲が良かった。

そんな2人はいつしか「別次元に行きたい」と願うようになり、宇宙人と交信し始める。

ここではないところならどこでもいいと、縋る思いで。

しかし当然だが宇宙人はやってこない。

 

早く楽になってしまいたいと考えた2人は、自◯をしようと考える。

準備をし、2人で覚悟も決めで、臨んだのだが…

\2人を襲った予想外の出来事とは?/

 

死役所 第12巻のあらすじ

第54条 かわいそうな人①
第55条 かわいそうな人②
第56条 おててつないで
第57条 夜ノ目町爆弾事件①
第58条 夜ノ目町爆弾事件②

かわいそうな人

登場人物

比護亜季保

 

亜季保は気管支の病気で仕事を退職していて、ハローワークで雇用保険を受給していた。

再就職への道は難しく、病気のこともあり中々雇ってもらえない。

 

亜季保には一緒に暮らしている父親がいた。

しかし年金暮らしでパチンコにハマっていた。

職が決まらない亜季保は半分くらい家賃を払って欲しいと父親に頼むが、年金が少ないといい断る。

 

友達に借りる

女を売りにした仕事を探す

父親から色んな提案をされるも、自分には無理だと言う。

 

最終的には「生活保護の申請をしたらどうか」という結末になる。

亜季保は生活保護に対していいイメージを持っておらず、生活保護=社会の底辺と思っていた。

自分も社会の底辺になるのはイヤだったが、もう手段がなかった。

その後、病気が悪化して生活保護の申請は通り、なんとか暮らしていけるようにはなった。

 

ある日、とても疲れていた亜季保はゆっくり湯舟に浸かって疲れをいやしていたのだが…

\父親の行動に唖然…/

 

おててつないで

登場人物

福原潤矢

 

まだ喋ることも出来ない、幼い女の子が死役所へやってきた。

女の子の身の回りのもの(衣類など)にはいろんな名前がいたるところに書かれており、本当の名前がわからない。

そして調べてみてわかったのが、女の子ではなく男の子であった。

\潤矢くんの死因とは…/

 

イシ間さんがいたら絶対泣いてたな~と感じるエピソードです…

 

夜ノ目町爆弾事件

登場人物

金子行亮

 

金子は実家の仕事である牛乳配達の手伝いをしていた。

しかしあまりやる気のない態度で、父親から度々注意を受けていた。

そんなとき、警察がやってきて「この日、ケンカして相手に怪我をさせただろう」と金子の元を訪ねてくる。

 

事実だったので詫びると、その件とは別に近所で起きた爆弾事件を知っているか、と聞く。

そして警察は一方的に金子が犯人だろうと決めつけるのだった。

 

幾度となく行われる事情聴取に金子は自分がやったんじゃないと否認を続けるが、罪を認めようとしない金子に対し事件に関係ない兄に取り調べすると言いだしたのだ…

\金子は犯人?犯人じゃない?/

 

死役所 第13巻のあらすじ

第59条 幸子①
第60条 幸子②
第61条 幸子③
第62条 幸子④
第63条 幸子⑤

幸子

登場人物

市村幸子

 

いよいよシ村の過去にが明らかに…?!

夜ノ目町爆弾事件の際に、死役所を訪れた金子に対してシ村は「私は冤罪で死刑になったんですよ‥殺人で」と答えた。

金子を前に、シ村は自分の過去の話を始める。

 

シ村の妻は「幸子」といい、現世の市役所で働いていた時に出会った。

仕事終わりに市村は道端でうずくまるおばあさんを見かけた。

おんぶをし、おばあさんの家まで行くことになった市村だが、そのおばあさんの家の2階から物音が聞こえる。

恐る恐る2階へ上がった市村が見たのは、絵を描いていた女性(幸子)の姿であった。

おばあさんは幸子の大叔母なのだ。

 

その日、何かとおばあさんの身の回りの世話をした市村に対してお礼をしに、野菜を持った幸子が現れ、2人は意気投合する。

しかし幸子は何かと訳ありの女性で、大叔母のいる家には実家に勘当されて転がり込んできたという。

そんな幸子を大叔母は快く思っておらず「恥さらし」と罵る。

 

やがて大叔母が亡くなり、市村は幸子と結婚し、子供を授かる。

しかし産まれた子供・美幸はほとんど喋らない子供だった。

 

美幸は十分な食事をとろうとせず、5歳になっても乳離れできずにいた。

やがて美幸は幸子が絵描きに使う絵具を美味しそうに食べてしまう。

 

医師からそんな生活をしていたら命が危ないと言われてしまい、悩む幸子。

そんな幸子は近所で配られていたあるチラシを見つけて…

\幸子が見つけたチラシとは?!/

 

最新刊である14巻でやっと市村と、市村の過去について長く描かれました。

しかしまだ市村の核心部分には触れておらず、お預け状態です(苦笑)

 

スポンサードリンク

死役所 第14巻のあらすじ

第64条 死んでからしたい
10のこと
第65条 知らない人達①
第66条 知らない人達②
第67条 無自覚①
第68条 無自覚②

死んでからしたい10のこと

登場人物

犬飼爽朝

 

ある日、爽朝は死役所で階段の上り下りをしていた。

聞くと生前は寝たきりで、死んだら体を動かすことが出来たので、そのような行動をしていたという。

爽朝は、成仏許可証の裏に「死んでからしたい10のこと」を書いていて、ニシ川にそれを見せた。

無理なものは除いて、ニシ川とシラ神は協力して「死んでからしたい10のこと」の手伝いを始める。

\続きを読む/

 

知らない人達

登場人物

ホウタ

ノノコ

 

ホウタとノノコは「ヘンジンカタギ」というお笑いコンビを組んでいる。

ある日、テレビ番組の収録で司会者から「2人は付き合っているのか」と聞かれる。

しかしホウタはすでに結婚しており、ノノコにも彼氏がいる。

司会者は「結婚しちゃえば」とノリで言うが、ホウタは軽いノリで「いま結婚しても高齢出産でキツイ」と発言してしまう。

 

それ以降、ホウタの発言は炎上し、叩かれるようになってしまう…

\ホウタの妻の結末が衝撃/

 

日常でもよくある話といいますか、「自分(もしくは自分の妻)は大丈夫」と思ったりせず、周りを頼って欲しかったなと思います。

 

無自覚

登場人物

香音

和夢

兎之

 

男女3人は申請書に記入をしようとしていた。

しかし男2人が責任の擦り付け合いでもめている。

 

生前、男女3人はドライブをすることになり、海へ行くことにした。

その車にはサービスで付けてもらったドライブレコーダーが付いていた。

 

海へ出発した男女だったが、途中から前へ割り込んできたおじさんに腹を立て、煽り運転を始める。

煽ることで夢中になってしまった男女は、前から来ていたトラックに気が付かず…

\煽り運転をした男女はどうなった?/

 

今年は特に煽り運転が日常茶飯事に発生し、マスコミでも注目になりましたね。

煽っている側も常に危険と隣合わせですよね…!

 

以上、大変長くなりましたが死役所の各巻(各話)のあらすじ紹介でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください