20代から資産形成を始める方法

グーグルアドセンスも仮想通貨の広告禁止?Youtube(ユーチューブ)も?6月から検索順位が下がる?【Google adsense・ようつべ】

グーグルアドセンスも仮想通貨の広告禁止?【Google adsense】

こんにちわ。

仮想通貨のアフィリエイター悲観・・・

Google(グーグル)が2018年6月から仮想通貨の広告を全面禁止するというニュースが報じられました。

さち

え〜・・・もしかしてアドセンス広告も仮想通貨は禁止になるの・・・?

グーグルアドセンスを貼り付けている仮想通貨ブロガーさんは不安で検索されたのだと思います。

 

うん。

私もアドセンス広告に頼ってる時期もあったのでよく分かります。

MEMO
アドセンス広告とはグーグルのパートナーとなってサイトに貼り付ける事で閲覧者の検索など履歴などに適した広告が自動配信されるというもの。

 

さて、ニュースを掘り下げてみましょう。

グーグルのスコット・スペンサー氏のコメントです。

「我々は仮想通貨の未来がどこに向かおうとしているのかは分からないが、すでに消費者から被害が発生しているため、細心の注意を持ってアプローチする段階に来ている」

 

要するにGoogle(グーグル)が仮想通貨広告を禁止する理由は詐欺まがいの広告を防ぐ為、という事になりますね。

確かにGoogleアドワーズではICO広告もバンバン配信されているので、その全部が全部合法のものではない可能性もあります。

将来的に考えれば、規制をしてICOに対する悪いイメージを払拭すべきだし私も賛同です。

 

さて、6月からは金融商品に対する広告が禁止になりますが、以下の4項目です。

  1. 仮想通貨
  2. ICO(イニシャル・コイン・オファリング)
  3. バイナリーオプション
  4. ファイナンシャル・スプレッド・ベッティング

 

バイナリーオプションなどは非常に高額で売られる事が多いです。

ただし、本当に予想が出来るものなのか?真意は不明で怪しいものが多いからですね。

そしてGoogle(グーグル)のアルゴリズムの変化であれば、アドワーズの広告を禁止だけにとどまらないのでは・・・?とも思います。

 

アドセンスポリシーもご存知の通り非常に厳しいので、最悪の事態も考えといた方がいいですね。

アドワーズでは広告主は停止させてるアカウントもあるようですよ。

Youtube(ユーチューブ)も仮想通貨の広告禁止?

さち

ようつべも仮想通貨の広告禁止になるんじゃ・・・?

「仮想通貨」の禁止はFacebook、Instagram、twitterと来てYoutube(ユーチューブ)も広告禁止が懸念されています。

というのはGoogle(グーグル)で仮想通貨のアドセンス広告禁止になれば、Youtube(ユーチューブ)も道連れとなります。Youtube(ユーチューブ)に貼られている広告はアドセンス広告だもんね。

そうなると、ようつべで仮想通貨の動画を挙げているユーチューバーさんは不安だと思います。。

MEMO
現在のところまだ未定ではありますが、競合他社が禁止している中、Google(グーグル)と関わりが大きいYoutube(ユーチューブ)も仮想通貨の広告禁止となる可能性は高いと予想し、収入源を別分野に広げる対策をしておきましょう。

「仮想通貨ブログ」は6月から検索順位が下がる?

仮想通貨のブログで収益を上げてる場合、「特化型ブログ」として運営しているので、仮にアドセンス広告禁止になったとしても取引所へ登録させるアフィリエイト報酬で稼いでいるでしょう。

なのでアドセンス広告での収入は補助だったと思います。

補助にしても数万円は無くなる事になるので痛いですけどね。

ただ、私の考えではアドワーズ広告禁止は好都合だと考えても良いかと思います

 

これを見てくださいね

 

仮想通貨 取引所」の複合キーワードで検索したところ、上から5つ目までがアドワーズ広告です。

このアドワーズ広告が無くなれば1ページ目の1位を狙う事だってできます。

そういうメリットも想定しましょう。

 

ただ1つFUDを挙げるならば、キーワード「仮想通貨」自体の検索順位が下がる可能性があることです。

最近では「健康」のジャンルの検索ワードでは圏外に飛ばされた事例があります。

健康サプリなどで返金しないなどのニュースもありますよね。

 

これも詐欺が多く潜むジャンルではあるので健康サプリメントなどを売るブロガーはGoogle(グーグル)アルゴリズム変動の被害を受けています。

仮想通貨1本でやられてるブロガーさんは最悪のケースを想定し、6月の過疎通貨の広告禁止に伴って検索順位も下がる可能性を想定し、やはり別ジャンルで稼げるように4ヶ月の間で準備しておく方がリスク分散になると思いますよ♪

 

MEMO
今の内に仮想通貨でより多くの収益を挙げて置きたいならば、アフィるのはもう取引所ではないです。

 

ご存知の通り、コインチェックはアフィリ停止となり、Zaifなどの取引所のアフィリ報酬は減少していますよね。

盲点を探しましょう♪

仮想通貨のICO案件を取り扱うASP「Clypto Click Affiliate(CCA)」があります。

 

検索キーワード的にも競合を出し抜くチャンスとなるので興味がある方は登録後、アフィリリンクを取得できます。

Clypto Click Affiliate(CCA)では報酬はこのようにコインで取得できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です